人間の死亡率は100%、葬儀は必然

人間の死亡率は100%ですよね・・!、 寿命を全うして必ず死期、死亡することは必定です。 そして、死亡の際には、厳かに別れの催しが行なわれますが、これが葬儀です。

葬儀は現代においては、通夜と葬式のことを称しているようで、夜通し亡骸と共に過ごしますが、現在では夜通し柩を守るのは極く近親者に限られるようです。

通夜にも、仮通夜、本通夜とあるらしいですが、本通夜は葬式に準じて行なわれます。

肉親者は遺体を葬儀場へ運びいれ、係によって飾る付けが行なわれた後、僧侶を招き、読経が始まる頃には会葬者が大勢参ります。 この際、精進払いなどは、断らず一口でもいいですから箸をつけます、ただし、あまり長居しないこととされています。

さて、次の日に葬式(告別式も同時)が引続きが行われます。 この時には、全ての縁者(親戚、知人、友人、遠方、周辺を問わず)又、会社や仕事の関係者も最後のお別れに参列します。

式次第に則って、僧侶のお経、そして会葬者の焼香が続きます。 その後で、喪主が代表して会葬者に対し、旧来から世話になった参列者に対してお礼を申し上げ、最後のお別れをします。

これら、故人を偲ぶ為とお別れの儀式を、「葬儀」といっております。